ページ内を移動するためのリンクです。


Berlitz

受講生の体験談

海外勤務前の「疑似体験」ができるプログラムでした。

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
平 誉史さん
海外企画、海外子会社数値管理、海外関連会社トレーニング・受け入れ、ライセンシー対応。

ビジネストレーニングコースを受講したきっかけ

ドメスティックと言われていた小売業も、グローバル化の波が押し寄せ変化が始まっています。競合とのシェア争いが激化する中、世界各国のエリアライセンシーと協力し、ブランド価値を高める事が求められています。各国ライセンシーとのコミュニケーションには、正確な英語力のほか、英語でプレゼンテーションし、打合せを進めるスキルが必要不可欠なのです。そのため、店舗の海外展開を担当する社員のトレーニングとして、このビジネストレーニングコースのプログラムに興味を持ちました。

ビジネストレーニングコースを受講した感想

他社のビジネス英語研修との違いは、コミュニケーション・スキルに着目した「理論と実践」が徹底してトレーニングされることです。言い換えれば、「言うべきことを、相手に分かりやすく伝える」ための練習なのです。日本人は正確に話すことを重要視しがちですが、それが分かりやすく伝わるかというのは別です。
私自身が受講し、英語での会議やプレゼンテーションの仕方が確実に変化しました。例えば、会議では出席するだけでなく、自信を持って積極的に参加し、プレゼンテーションではスライドの見せ方や強弱をつけた印象の残し方まで気を配ることができるようになっています。
受講中はトレーナーからどんどん飛んでくる質問に常に気が抜けないものでした。しかし、私たち受講生へのモチベーションの高め方が非常に上手で、トレーナーと一緒にこのプログラムを自分のものにしていこうという意気込みで受講しました。終了後はビジネスに自信が持てるだけの十分な充実感と達成感があります。

ビジネストレーニングコースはどのような方にお勧めしたいですか?

海外赴任前の方のほか、上司やチームメンバーが外国人という日常的に英語で業務を行う方にはみなさんにおすすめです。ビジネストレーニングコースでは学んだ知識をその場でロールプレイするため、現場では翌日から成功体験を自信を持って発揮することができるというメリットがあります。いわば、海外勤務前の「疑似体験」ができるのです。私自身もっと早くに受講しておけば、もっとスムーズに進められたプロジェクトもあったなと少し悔しく思います。

東京大学
(研修出向先:トヨタ自動車株式会社)

竹本 遥子さん

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
藤本 哲平さん