HOME > ビジネスで今すぐ使える英会話フレーズ

ビジネスで今すぐ使える英会話フレーズ

「メールの書き方(1)」

1回目は、メールでよく使われる表現を紹介します。
同じ意味でも相手との関係などによって使い分けされたり、英語メールならではの表現など実に多種多様です。

■「あいさつ」 FormalやInformal、お客様や同僚での使い分け
Dear Mr.***(苗字): 
Dear ***(名前): 
Hi, ***(名前): 
Formal  
Less Formal  
Informal  
お客様
上司
同僚
■「前文」 お礼、報告や告知

≫お礼メール

It was a pleasure meeting you at...
Thank you for...
It was good talking to you...

≫報告や告知をするメール

I'm happy to announce...
I'm pleased to inform you...
I'm writing to inform you about...

≫良いお知らせではない場合

I am sorry to say that...
I regret to inform you that...

たとえばこんな使い方をします。

example01
あいさつ
Dear Mr. Andrews:
Ms. Monroe:
Dear Mike,
Hello Jonathan,
Hi Jane,
親愛なるアンドリュース様
モンロー様
親愛なるマイクへ
こんにちは、ジョナサン。
やあ、ジェーン。
不特定の方へメールを出す場合は
関係者各位に出す場合は
Dear Sir or Madam,
To whom it may concern:
example02
前文 … 一般的な前文をご紹介します。

≫ミーティング後などで送付する お礼メールの場合

It was a pleasure meeting you at the ABC Project meeting yesterday.
(昨日はABCプロジェクト会議でお会いできてうれしかったです。)
Thank you for coming to the meeting on Monday.
(月曜日はミーティングにお越しいただきありがとうございました。)
It was good talking to you on the phone yesterday.
(昨日はお電話でお話しできたこと、うれしく存じます。)

≫報告や告知をするメールの場合

I'm happy to announce that we've started a new project.
(新たなプロジェクトの開始のご連絡です。)
I'm pleased to inform you that our shop has become 50 years old.
(おかげさまで50周年を迎えることができました。)
I'm writing to inform you about the next sales meeting.
(次回のセールスミーティングについてのご連絡です。)

≫良いお知らせではない場合

I am sorry to say that the contract with ABC company will be cancelled.
(残念ながら、ABC社との契約がキャンセルとなりました。)
I regret to inform you that we will not be able to accept your offer.
(残念ですが、ご提案を受け入れることができません。)
次回は「末文」と「結語」をご紹介させていただきます。

紹介したフレーズなどベルリッツのレッスンではすぐに「使える英語」が修得できます。

実践力が身につくベルリッツの教材


レッスン内容や教材などさらに詳しく知りたい方はお近くの教室へ

無料相談・体験レッスン 実施しています

  • 英会話の学習について相談できる。
  • レベル診断と体験レッスンが受けられる。

無料体験レッスン&カウンセリングお申込み

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

受付時間
  • 平日/10:00〜21:00
  • 土曜日/10:00〜19:00
  • 日曜日・祝日/10:00〜18:00