英会話・英会話教室のベルリッツ・ジャパン 英語・英会話スクール、子供英会話からビジネス英会話まで 資料請求 サイトマップ よくあるご質問
英会話・英会話教室のベルリッツ・ジャパン ベルリッツが選ばれる理由 レッスンのご案内 お近くの教室を探す 無料体験レッスンお申込み
HOME > インフォメーション > プレスリリース
インフォメーション
[an error occurred while processing this directive]
PDFファイルの表示、印刷には
Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードこちらから
プレスリリース
2011.08.11
ベルリッツ コーポレーション、仏TELELANGUEを子会社化
〜 eラーニングシステムや電話による語学教育サービスを拡充 〜
 

株式会社ベネッセホールディングス(本社:岡山市 代表取締役社長 福島保)の子会社であるベルリッツ コーポレーション(本社:米ニュージャージー州プリンストン 代表取締役会長兼社長兼CEO内永ゆか子 以下ベルリッツ)は、新規事業拡大の一環として、世界規模で語学教育サービスを展開するTelelangue SA(本社:仏パリ 以下テレラング社)の発行済全株式を取得しました。本株式取得によりテレラング社は、2011年8月10日(現地時間)をもってベルリッツの100%子会社となりました。

今回子会社化したテレラング社は、多くのグローバル企業を対象に、遠隔での語学教育サービスを展開する企業です。受講生の学習状況を管理する高度なラーニングマネジメントシステム(LMS)を持ち、このLMSを基盤として世界各国にいる受講生に対して、電話によるレッスンやeラーニングサービスを展開しています。 

現在、グローバル化はいっそうスピードを増しており、企業は、グローバルなビジネス環境で業務を遂行できる人材の育成を急いでいます。ベルリッツはこのような企業のニーズに対応する、語学教育とグローバル人材育成のサービスを提供しており、2011年はSecond Language Testing, Inc.(本社:米国)、Universal Education Center Pty. Ltd(本社:オーストラリア)(※P2)等をすでにグループ化し、さらなるサービスの拡充を図っています。

今回、ベルリッツは、テレラング社のノウハウを活用することで、これまで定評がある対面型の授業に加え、eラーニングや電話による語学教育サービスを拡充し、グローバル化する企業のニーズに総合的に応える体制を強化します。ベルリッツはテレラング社と共に、まず今年度中に、欧州において、eラーニング、電話レッスンのサービス展開を拡大し、次年度以降、日本・米国などでの事業も拡大することを予定しています。また、対面型の授業に比べ安価なeラーニングや電話による語学教育サービスを中心に、新興国での事業展開を加速することを目指してまいります。

※本件による株式会社ベネッセホールディングスの、当期の連結業績への影響は軽微であり、業績予想の修正はありません。

【 Telelangue社の概要 】

  • 社名:       Telelangue SA
  • 本社所在地:  フランス パリ
  • 代表者:     社長兼CEO Jean Michel Dubedout (ジャン・ミッシェル ドゥブドゥ)
  • 創業:       1981年
  • 事業内容:    語学サービス業
               独自のLMSの開発実績があり、電話によるレッスンから、e ラーニング、
               教室での授業まで、シームレスな語学研修サー ビスを提供している。
  • 取り扱い言語: 英語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、スペイン語、イタリア語
               ※今後、日本語、ロシア語、ポルトガル語も加える予定
  • 売上:       26.4百万ユーロ ※2010年12月期
  • 顧客:       これまでに世界中で1万5千社以上の企業、
               100万人以上の企業受講生が受講している。


【 ベルリッツ コーポレーション 代表取締役会長兼社長兼CEO 内永ゆか子 コメント 】

ベルリッツは、語学研修サービスに加え、多様な環境でビジネスを行うのに必要なグローバルリーダーシップとグローバルビジネススキルを養成することを事業としています。これらの事業展開においては、@様々なレッスン方法を柔軟に組み合わせることができること Aコンテンツをカスタマイズして提供できること BLMSにより研修進捗をモニターできること の3点が、成功のカギとなると、私は考えています。
今回、当グループにテレラング社が加わることにより、両社のそれぞれの強みと企業文化の良さを生かしながら、真の『グローバル教育カンパニー』となるためのステップをさらに進めていきます。今後は、語学研修やリーダーシップトレーニングにおいて画期的な方法、たとえば生徒とインストラクターが一緒になってネット上で協同作業をしたり、生徒同士で協業しながら研修を進めて行く、といった手法も取り入れていきたいと考えています。


【テレラング社 社長兼CEO Jean Michel Dubedout コメント 】

e-ラーニングとLMSならびに教師によるレッスンを融合したテレラングの研修システムでは、各受講生の成績、進捗状況を正確にモニターできるため、インストラクターが受講生に合わせたカリキュラムを作る上で大きなメリットがあります。企業クライアントにとっても、研修を受けている自社の従業員に対する投資効果(R.O.I.)を把握するうえで有益なシステムです。ベルリッツのグループ企業となることで、より効率的で、高い付加価値のサービスが提供できるようになると期待しています。


ベルリッツ コーポレーション について】

ベルリッツは70カ国以上、550カ所を超える拠点で語学教育とグローバル人材育成の事業を展開するするグローバルカンパニーです。現在、語学教育、コミュニケーション能力の育成、グローバルリーダーシップトレーニング、異文化理解など、総合的なプログラムを、さまざまな研修方法を通じて展開しています。

(※)ベルリッツは2011年に入り、これまで以下の企業を子会社化しています。


■Second Language Testing, Inc.(本社:米国)

2011年2月グループイン
米国連邦政府、州政府の省・庁・局等に向け、さまざまな言語のテスト開発を行っている。


■Universal Education Center Pty. Ltd(本社:オーストラリア)

2011年5月グループイン
オーストラリアへの留学生に向けた語学教育サービス等の事業を行っている。



■本件に関するお問い合わせ先
ベルリッツ コーポレーション
ストラテジー・広報・渉外担当:岡村 / tel:03-5412-6767
株式会社ベネッセホールディングス
広報・IR部 坂本 / tel:042-356-0657
受講相談のお申込み(英会話・英語)