英会話・英会話教室のベルリッツ・ジャパン 英語・英会話スクール、子供英会話からビジネス英会話まで 資料請求 サイトマップ よくあるご質問
英会話・英会話教室のベルリッツ・ジャパン ベルリッツが選ばれる理由 レッスンのご案内 お近くの教室を探す 無料体験レッスンお申込み
HOME > インフォメーション > プレスリリース
インフォメーション
プレスリリース

2013.04.23

語学力だけで満足していませんか?

『グローバル人材の新しい教科書』発売

〜グローバル人材に本当に必要なスキルについて事例を交えて解説〜
 
 外国語教授や留学等、語学に関わるサービスを提供しているベルリッツ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区南青山、代表取締役会長 兼 社長:山本 智巳、以下「ベルリッツ」)は、「グローバル人材の新しい教科書 カルチュラル・コンピテンスを伸ばせ!」(編者:ベルリッツ・ジャパン、価格:1,575円(税込)、発行元:日本経済新聞出版社)を、2013年4月20日(土)から、全国の書店及びインターネット書店等で発売を開始しました。

 「グローバル人材」。多くの日本企業がグローバル化を目指し、グローバル人材の育成に注力しています。しかし、「英語力はそこそこあるはずなのにうまくいかない」との悩みが聞かれます。本書では、この問題は語学力ではなく、文化の衝突や対立に対処できない「カルチュラル・コンピテンス」の不足から生じているとしています。「カルチュラル・コンピテンス」とは、こうした文化の違いを活用する力のことで、英語に不自由しない人でも、たゆまぬ努力をして身につけているものです。

 たとえば、メールを送るときに、社会的慣例や言葉遣いを気にする人と、端的でカジュアルなメールを送る人とでは、「文化」が違うと言えます。社会的慣例を重んじる人が、カジュアルなメールをもらった場合、「常識がない」と思い、不愉快に感じるかもしれません。逆の場合は、もったいぶった書き方が無駄で不愉快に感じるかもしれません。「常識がない」ととるか、「文化の違い」ととらえるかで、仕事関係に大きく影響してきます。しかし、「文化」の違いを認識するだけでは何も解決しません。本書ではこの違いをどのように解決し、活用していけばいいのか具体的なスキルを本書で紹介していきます。

 この「カルチュラル・コンピテンス」は、ベルリッツの子会社であるTMC(Training Management Corporation)が開発したものであり、世界各国の組織や個人によって実務に適用されています。ベルリッツ・ジャパンでも、「カルチュラル・コンピテンス」を使った研修を2010年から実施しています。今回、この研修を受講した方から、日本語で『カルチュラル・コンピテンス』を復習したいとのご要望が多かったため、本書を発売することとしました。

 第1部〜第2部の第4章までは、「カルチュラル・コンピテンス」がどういうものかを詳しく説明しています。第2部の第5章からは、「森山豊」という架空の人物を通し、日本人が海外でビジネスを行っていくうえでどのように「文化」を理解し、対応していったのかという物語となっています。第3部では、ベルリッツが実際に行った研修の事例を紹介しており、会社が抱える「文化」の問題がより具体的に記されています。

 日本はいわゆるモノカルチャー社会と言われており、異質な文化と接する機会が少なかったと言えます。今後、グローバル社会へと進んでいくにあたり、本書がビジネス文化の異なる人たちとの問題解決の一助になればと考えています。また、M&Aで生じる会社間の文化の違いや、各コミュニティや個々人の、文化の違いから発生する問題など、日常に潜む「文化」の違いを発見してみてはいかがでしょうか。

 本書の詳細及びベルリッツにつきましては、以下をご参照ください。

『グローバル人材の新しい教科書 カルチュラル・コンピテンスを伸ばせ!』 概要

編  者 ベルリッツ・ジャパン株式会社 グローバル人材の新しい教科書 カルチュラル・コンピテンスを伸ばせ!
発行元 株式会社日本経済新聞出版社
価  格 1,575円(税込)
発売日 2013年4月20日(土)
販  路 全国の書店及びインターネット書店等
判  型 A5判
ページ数

240ページ

目  次

まえがき

第1部 文化とビジネス

第1章 ビジネスの世界における文化
第2章 文化とカルチュラル・コンピテンス
第3章 文化のもたらす効果と影響

第2部 カルチュラル・コンピテンスの実践―― カルチュラル・スキル

第4章 カルチュラル・オリエンテーションズ・モデルの紹介 ――文化的指向性とは
第5章 ケーススタディ――森山豊の場合
第6章 カルチュラル・デュー・ディリジェンス――文化的指向性の評価
第7章 スタイル・スイッチング――文化に応じた行動スタイル
第8章 カルチュラル・メンタリング ――文化に応じたメンタリング
第9章 カルチュラル・ダイアログ ――文化に応じた対話

第3部 文化的アプローチの適用

第10 章 個人への適用
第11 章 チームへの適用
第12 章 組織への適用

最後に

【ベルリッツについて】

 ベルリッツは1878年に米国で創業。130年以上の歴史を通して、個人のほか全世界で約12,000社の企業がベルリッツで外国語を学んできました。外国語を短期間で自然に修得できるその独自の教授法は、ベルリッツ・メソッド®とよばれ、教授法辞典にも紹介されております。体系化された研修でメソッドを体得した教師の質も世界で高く評価されています。
 また、グローバル人材を育成する様々なプログラムを提供しています。スキルやビジネスシーン別に細分化されたプログラムや、ケーススタディを用いた実践的なビジネスコミュニケーション力を養うプログラム、さらに異文化対応力を修得するソリューションまで企業や個人のニーズに合わせて提案しています。

 現在、株式会社ベネッセホールディングス(本社:岡山市 代表取締役社長:福島保)の100%出資子会社として世界約75ヵ国、550のランゲージセンターとのネットワークのもと、10ヵ国語以上の外国語教授・留学等の語学に関わるサービス、ならびにグローバル人材育成に関するサービスを提供しています。
ベルリッツ・ジャパン株式会社は、日本国内で約70のランゲージセンター(フランチャイズ:3含む)を展開しています。詳細は、ベルリッツ・ジャパン ウェブサイト(http://www.berlitz.co.jp/)をご参照ください。

■本件に関するお問い合わせ先
フリーダイヤル:0120-5-109-23
E-mail:info@lc.berlitz.co.jp
受講相談のお申込み(英会話・英語)