HOME > 受講生の声 > レッスンレポート > キム ミングさん

Berlitz Youth レッスンレポート

キム ミングさん (早稲田大学)
新宿ランゲージセンターで受講

将来の夢
格差や貧困に苦しむ人々が未来を切り開くができるよう、国際金融業務に必要な英語力とコミュニケーション力を身につけたい。

レッスンの目標
外資系企業のインターンシップ参加と就職面接の対策をしたい。

オリエンテーション  初回レッスン  20レッスン  40レッスン

40レッスン11月10日

レッスン風景  40レッスンが終了したので、これまでのレッスンを振り返ってみたいと思います。特に印象的だったのは[教師]と[教材]の2つのポイントです。

[教師]
 様々な国や文化をバックグラウンドとした教師の方々に出会えたことで、自分の更なる成長と自信に繋がったと強く実感します。それは、文化的背景による言葉の相違を乗り越えて「共感できる英語」を学ぶことができたからです。

 そう思う理由ですが、以前参加した米国スタンフォード大学の言語・文化研修プログラムで、世界各地から集まってきた学生たちが、それぞれの地域英語を駆使していたため、幅広い英語に対応するという能力が重要であることを実感しました。その後、アクセントやスラング発音の相違を認識し、慣れるための訓練を続けてきましたが、独学では成果を出すことが非常に難しいものでした。ベルリッツで様々な教師のレッスンを受けたことで、幅広い英語への対応力を身につけることができました。

[教材]
 これまでにベルリッツのオリジナルという2つの教材を使いました。まず、インターンシップに備えるため、ビジネス英語の教材を使用しました。「表やグラフを読み取り、相手にその情報を伝える」、「会議を行う」、「商談をする」など、学んだ内容は実用的で、そのまま現実の社会で使えるビジネス英語でした。

 そして、インタービュー(面接)練習の教材も、面接の流れや自己主張、受け答えのポイントまで全プロセスを支えてくれたと思います。薄い教材なのですが、その内容はレッスンと連動することでコンパクトながらとても充実したものでした。また、英語のフレーズを自然に覚えることができる工夫もされていることに驚きました。

 これからも、グローバルで活躍する国際金融業のプロフェッショナルとして世界に大きな貢献ができるよう努力を続けていきます。

20レッスン7月10日

レッスン風景  これまでの間に、会社の面接、インターンシップ、大学内の課外活動や海外からの友人たちとの交流など、英語を話す機会が数多くありました。うれしいことに、友人たちから私が自信を持って自然な英語を話せるようになったと言われるようになりました。また、実際の英語の面接においても「英語が上手ですね、どこで英語を習ったのですか?」と聞かれることもありました。

 これまでのレッスンの印象ですが、とにかく「話す」ことを求められます。ビジネス英語については、自分が学生なので日々の生活の中では経験することが難しい状況の中で、具体的な例文をもって丁寧に説明をしてくれます。「表やグラフを読み取り、相手にその情報を伝える」、「会議を行う」、「商談をする」そして「ある企業の財務状態について意見を述べる」など、様々なビジネスの状況を想定し会話練習を行いました。会話のコツについていただけるフィードバックはとても参考になります。

 英語面接の直前には、先生が面接官、私が面接者として、模擬面接も行いました。テキストを参考に、面接の全プロセスを繰り返し練習しました。その結果、実際の英語の面接においても、自信を持って自分を伝えることができました。

 語学の勉強には、その環境を作ることが一番大事だと思います。例えば、私は毎朝英語ニュースを予約視聴し、大学の寮の海外留学生たちと朝食をとります。課外活動でも定期的に英語でミーティングが開かれます。また、映画やドラマ、iTunes Uの講義などを視聴するように心がけています。ベルリッツのレッスンは、こういった事前に覚えたフレーズを、正しく自然に使いこなせるように練習することもできるので、とても濃厚な時間となっています。

初回レッスン5月11日

レッスン風景  初めての英会話レッスンは、うまくできるだろうかと相当緊張して臨みました。しかし、想像していたレッスンとは全く違う展開が、一気に不安を取り払ってくれました。テーマはマーケティングの概念を定義し、その業務内容について学習を深めるものでしたが、ほとんどテキストは使わないのです。先生は気さくで、簡単な文章をベースに質問に答えることから始まったのです。しかし、場所、時、主語などを変えることで様々な応用パターンが現れ、自然とフレーズが増えていくのです。テキストを見ないことは、文字に頼らないで相手に伝わるよう正しく話さなくてはならないので簡単ではありませんが、この訓練をすることでスピーキング力が上達していくのだと分かりました。

 もちろん、テキストで学習内容の確認を行いますが、テキストや授業の構成、先生のレッスンの進め方には驚くほど専門性があると感じました。覚えたフレーズは実際ビジネスのいろんな場面でリアルに使えるものだと思います。

オリエンテーション5月10日

レッスン風景  私にとって、英語はとても重要な疎通手段です。特に今年は、様々な外資系企業のサマー・インターンシップへ参加するにあたって、ビジネス英語の学習が必須な状況でした。そこで、オリエンテーションでは、リアルなビジネスシーンを想定したレッスン、さらには、外資系企業の面接対策をリクエストしました。正直なところ、初めての英会話学校にベルリッツを選んでついていけるだろうか?という不安もありましたが、スタッフの方の親切な対応に安心しました。

 それから、大学で留学生と講義を受けて気づいたのですが、いまでは世界中のいろいろな国の人が英語を話すので、いろいろなアクセントがあることに気づきました。ベルリッツには様々な国の出身の先生がいらっしゃるのでレッスンが楽しみです。どんな国の人にも通じる英語を学んでいきたいです。

レッスンの内容

レッスンの進め方
実際のレッスンでの学習方法をご紹介します。
レッスンプラン
初心者から上級者まであらゆるレベルの人に対応したレッスンプランをご紹介します。

ベルリッツが選ばれる理由

一流の教師陣
実践的なオリジナル教材
徹底したサポート
語学学習に最適な環境
ベルリッツ・メソッド®
130年前に開発された理想の教授法。質の高いレッスンの核となっています。
ベルリッツの歴史(ベルリッツの沿革)
ベルリッツの起源や沿革についてご紹介します。

初心者でもOK体験レッスン受付中

無料体験レッスン・コース説明のお申込み

お急ぎの方・お問い合わせはこちら

0120-5-109-23

受付時間

企業研修・学校向けサービスはこちら

資料のご請求

※7/31(日)までは、全日9:00 - となります。